ホーム / ニュース

違いを理解する: 1800 RPM と 3600 RPM ジェネレーター

違いを理解する: 1800 RPM と 3600 RPM ジェネレーター

目次

発生器 ――名前からも力強さや頼もしさをイメージしますね。これらの素晴らしいマシンは産業、企業、家庭の主力であり、停電時にも中断のない電力供給を提供します。

発電機には、さまざまな要件に合わせてさまざまなサイズ、タイプ、設計があります。キャンプ旅行用のポータブル発電機から大規模作業用の頑丈な産業用発電機まで、あらゆるニーズを満たす発電機があります。ただし、サイズやタイプとは別に、発電機の性能と用途に大きな影響を与える側面の XNUMX つは、単位で測定される速度です。 毎分回転数 (RPM).

これが私たちの議論の核心につながります。 1800 RPM ジェネレーターと 3600 RPM ジェネレーターの違い。この記事では、BISON について詳しく説明します。 デザイン, 建設, 彼らを動かすテクノロジー。それらについても議論します それぞれのアプリケーション, 効率レベル および メンテナンス要件.

それでは、1800 RPM と 3600 RPM の発電機の謎に迫りましょう。

1800 rpm 発電機と 3600 rpm 発電機の比較

1800 RPM ジェネレーターと 3600 RPM ジェネレーターの主な違い

RPM と発電機のパフォーマンスに対するその影響

RPM (XNUMX 分あたりの回転数) は、発電機エンジンがどれくらいの速さで回転するかを表します。 RPM は、発電機の出力、周波数、騒音レベル、寿命、燃料効率に直接影響します。

出力

発電機は停電時やバックアップ電源が必要なときにとても便利です。ただし、必要な電力を処理できない発電機は望ましくありません。

発電機の出力は速度とトルクによって決まります。発電機の速度が増加すると、XNUMX 分あたりに生成される電力ストロークが増加し、より多くの電力が生成されます。

時折発生する停電や短期間の電力需要に対応するために発電機が必要な場合は、高 RPM の高出力発電機が適しています。ただし、長期的な電力需要を満たす発電機が必要な場合は、より低い RPM の発電機を選択することをお勧めします。

一般的な経験則として、 3600 RPM の発電機は、1800 RPM の発電機に比べて出力が高くなる傾向があります。.

周波数

発電機によって生成される電気の周波数は、その回転速度に直接関係します。北米では、標準周波数は 60Hz で、発電機は 3600 RPM で動作します。一方、ヨーロッパなどの標準周波数が 50Hz の地域では、発電機は 1800 RPM で動作します。

騒音レベル

発電機の近くにいたことがある方なら、発電機がかなりの騒音を発する可能性があることをご存知でしょう。発電機の騒音レベルは、その速度に直接関係します。

エンジンのシャフト速度が増加すると、騒音レベルも増加します。屋内または結婚式やキャンプなどの静かな屋外イベントで発電機が必要な場合は、低騒音の発電機が必要です。さらに、低回転数の発電機はより楽に動作し、過熱する可能性が低くなります。

1800 RPM の発電機は、一般に 3600 RPM の発電機よりも静かです。

発電機の寿命

1800 RPM の発電機は、3600 RPM の発電機に比べて、一般に長持ちします。速度を下げるとエンジン部品の摩耗が軽減され、エンジンの全体的な寿命が延びます。

燃料効率

RPM の違いは、発電機が使用する燃料の量にも影響します。 より高い RPM で動作する発電機は、より低い RPM で動作する発電機よりも多くの電力を消費します。 エンジン回転数が上がると燃料消費量も増えるからです。

低回転数の発電機は燃料効率が高く、長期的にはコストを節約できます。発電機を頻繁に使用する予定がある場合は、1800 RPM の発電機を選択するのが賢明です。

設計と構造の違い

1800 および 3600 RPM 発電機の設計と構造は、コストとメンテナンスの必要性に重大な影響を与えます。

費用

通常、1800 RPM の発電機にはオルタネーターに 3600 つの極がありますが、XNUMX RPM の発電機には XNUMX つの極があります。 1800 RPM の発電機は 3600 RPM の発電機より高価です オルタネーターの極が余分にあるためです。これは、サイズが大きく、コンポーネントが重くなり、より耐久性のある素材が使用されているためです。

メンテナンス

1800 RPM ジェネレーターはメンテナンスの頻度が少なくなる傾向があります。よりリラックスして走れ、すぐに消耗しないからです。これにより、発電機の耐用年数全体にわたって運用コストが削減されます。

1800 RPM および 3600 RPM ジェネレーターのアプリケーション

次に、1800 RPM と 3600 RPM の両方のジェネレーターの具体的な用途を見てみましょう。

1800 RPM ジェネレーター

1800 RPM 発電機は、騒音レベルが低く、寿命が長いため、継続的かつ長期間の使用が必要な用途に好まれることがよくあります。これらは、発電機が長期間稼働し、信頼性と耐久性が最重要視される産業用途で人気の選択肢です。

ディーゼル発電機の分野では、1800 RPM 発電機の効率性とメンテナンス要件の低さにより、キャンプや屋外イベント用の小型ポータブル発電機から商業および産業環境での大規模な使用に至るまで、さまざまな用途に適しています。

これらの発電機は、オフグリッドの生活状況でも一般的に使用され、遠隔地に信頼できる電力源を提供します。さらに、一部の 1800 RPM 発電機は家庭用電力またはオフグリッド電力用に設計されており、設置と操作が簡単なコンパクト設計を実現しています。

3600 RPM ジェネレーター

一方、3600 RPM 発電機は、出力が高く、コストが低いため、通常、短期間の断続的な電力供給を必要とするアプリケーションに使用されます。これらは住宅環境でよく見られ、停電時に緊急バックアップ電源を提供します。

3600 RPM 発電機は、高速動作とその結果として生じる高出力のため、短期間に大量の電力を必要とする用途に適しています。そのため、建設現場の工具や機器での使用、または停電により重大な損失が発生する可能性がある商用環境でのバックアップ電源としての使用に最適です。

発電機の正しい RPM を選択するにはどうすればよいですか?

投資を最大限に活用するには、発電機に適切な RPM を選択することが重要です。適切な RPM がないと、発電機が過熱して損傷する可能性があります。 RPM が正しくないと、発電機の燃料効率が低下し、磨耗しやすくなる可能性があります。これら XNUMX 種類の発電機のいずれかを選択する場合は、必要な電力、耐久性、予算などを考慮することが重要です。

  • あなたの力が必要です: 最初に考慮すべきことは、電力要件です。どれくらいの電力を生成する必要がありますか?発電機で実行する予定のすべての電気製品または機器に必要な合計ワット数を決定します。電力のニーズが高い場合は、3600 RPM の発電機の方が適している可能性があります。逆に、電力要件が低い場合は、1800 RPM の発電機で十分です。
  • ご予算: 異なる RPM には別の価格帯が付いています。発電機の予算を立てるときは、初期費用と継続的な費用の両方を考慮してください。一般に 3600 RPM 発電機は初期費用が安くなりますが、1800 RPM 発電機は寿命が長く、メンテナンスの必要性が少ないため、長期的にはより良い価値を提供する可能性があります。
  • 周波数要件: 場所と電力を供給する機器の種類によっては、50 Hz または 60 Hz で電気を生成する発電機が必要になる場合があります。周波数要件 (3600Hz の場合は 60 RPM、1800Hz の場合は 50 RPM) を満たすジェネレーターを必ず選択してください。
  • 騒音レベル: 住宅地や騒音制限がある場所で発電機を使用している場合は、より静かに動作することで知られる 1800 RPM 発電機の方が良い選択かもしれません。
  • 携帯性: 発電機を頻繁に移動する必要がある場合は、そのサイズと重量を考慮してください。 3600 RPM の発電機は、一般に 1800 RPM の発電機よりも小さく、軽く、持ち運びが容易です。
  • 申請期間: 時折発生する停電や長期間の電力需要に備えて発電機が必要ですか?短期間の断続的な使用に発電機が必要な場合は、3600 RPM の発電機が最適です。継続的かつ長期間の使用には、耐久性と信頼性の点で 1800 RPM ジェネレーターの方が適している可能性があります。

まとめ

要約すると、1800 RPM と 3600 RPM のどちらの発電機にも独自の利点があり、さまざまな用途に適しています。これら XNUMX 種類の発電機のいずれかを選択する場合は、電力と周波数の要件、騒音レベル、予算、可搬性、メンテナンスの必要性、燃料効率などの要素を考慮してください。これらの側面を慎重に評価することで、ニーズに最適な情報に基づいた決定を下すことができます。

1800 RPM の発電機は一般に、より静かで耐久性があり、燃料効率が高いため、産業用途やオフグリッドの生活環境での継続的長期使用に最適です。一方、3600 RPM 発電機は、より高い電力出力とより低いコストを提供するため、停電時の緊急バックアップ電源や建設現場の工具や機器への電力供給など、短期間の大電力用途に最適です。

BISON は発電機の販売に携わるプロです。 発電機サプライヤー 中国に本社を置き、お客様の多様なニーズに応じて高品質で信頼性の高い発電機を提供することに尽力しています。当社は 1800 RPM と 3600 RPM の両方の発電機を提供しており、さまざまな用途に合わせた幅広いオプションを提供しています。購入計画について話し合ったり、顧客の電力ニーズに効果的かつ効率的に対応できるよう当社がどのように支援できるかを検討するために、ぜひお問い合わせください。

最も人気のある投稿

質問がありますか?
今すぐご連絡ください。

購入?

関連記事

発電機に侵入する方法

発電機に侵入する方法

BISON は、ジェネレーターの慣らし運転の重要性を詳しく説明し、ステップバイステップのガイドを提供し、この重要なステップを正しく実行しない場合の潜在的な結果について説明します。

続きを読む>

関連製品

足りない?

限定オファーと新着の更新を購読する